あぁルナ稽古場日誌!

出演者による稽古場日誌!ゲストの方も執筆しますよ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
初めましてこんばんは。
コーヤであーる。

バカスポでは南極(人)にのみ出させていただくのであーる。
正確には、南極(人)の、一部分にのみ、出させていただくのでR。
(ここで全米が爆笑)

つまり、レアキャラですね。
サザエさんで言えば、「ドロボー」です。
(※Rは飽きました。)

さて、あぁルナティックシアターの絶対的エース、AKBで言うところの、あの、なんか引退したあのコ、こと、佐々木さんから「稽古場日誌書いて~」と言われたので、書こうと思うのでR、否、思うんだZ。
(ここで激しい人種差別を受ける)

今日の稽古、一番の出来事といえば、ニシベ君が来なかった事でしょうか。

なんでも、体調が悪いのだそうだ。

一切病状も何も知らない僕が推察するに、相当悪い病気なのでは無いだろうか?

その根拠はこうだ。

舞台俳優にとって、最も大事な「稽古」を休んだのである。

それはもう、のっぴきならない状況に違いない。


もう一点、見逃してはならないのが、ニシベ君は普段から“何かが病的”だという点である。何が病的なのかはわからないが、なんか病的なのである。

まあ、目つきかな。しらねぇけど。


全ての情報を丁寧に精査した結果、私の灰色の脳細胞(一個)が、とんでもない病名をはじき出した。

すでに勘の良い読者ならお気付きだろう。

そう、彼の病名は、

変異型サルコイドーシスである!

(ここでスーパードクターKが「なんでやねん」と言う)

という、妄想を一人、誰にも言わず抱えながら、死んだ方がマシというぐらいの猛稽古をしたのでした、…したんだP。
>マンモスうれP。
(ここであの人が再逮捕される)

今日、これ以外の事は、全てネタバレになるので書けません。

書けませんが、強烈なオモシロが生まれてましたよ。

僕は笑い上戸なんで、本番までに、舞台上で笑ってしまわない訓練をするか、さもなくばロボトミー手術をしないといけませんな。

いやー楽しみだ。

めでたしめでたし。
スポンサーサイト
歳岡です。

今回ルナティックシアター初参加です。

なかなか笑いの間をつかむのに苦労しています。

なんせ先週までガチガチのシェイクスピア公演を
老舗劇団の方々とやっていたのに、今週からは全部ひっくり返したようなナンセンスコメディ。


新しい環境(創作方法)に戸惑ったりしていますが
ここ2回くらいの稽古でだいぶ全貌が明らかになってきて
これから面白くなっていくと思います。

舞台本番に向けて、笑いの勉強を重ねて質を上げていきます。

よろしくです。

 
『地獄の楽園』の制作、いよいよ佳境に入ってきました。
 
面白くなってきましたよ~。
 
もちろん今回もバンバン人が死ぬ予定です。
 
でも見よ、みんなのこの爽やかな顔w
 
乞うご期待!!!
 
 
 
 
 


ルナティックシアターに初めて出させていただいてから、

7年以上経ちました


あの頃、

到底適わね~と思っていたテリー兄さんに、

今回の稽古が始まった頃、

意見を求めました


したらば、

目を光らせテリー兄さんは、

同調し、

今度語ろうと、

熱く言ってくれました


とてもじゃないけど、

稽古の合間のタバコ休憩だけでは話しきれない

それからとゆうもの、

稽古帰り、

駅まで歩いてるトキ電車の中、

トコロ構わず熱く語ってます


ピンときたトキ、

互いに顔を向け目を合わせ、

でっしょ~と2人で大笑いしたり


先日テリー兄さんが、

誰かに話してるのがきこえてしまいました

気づいてからのマツの成長ぶりが凄い

あぁ、まじッスか

あの頃到底適わない、

適うハズがないと思っていたテリー兄さんに、

そんな風に言われるなんて

良くも悪くもナニもかわらず、

ずっと横這いだったのが、

ココにきて、

ついに、

開眼!


コレが、

芝居のハナシだったらよかったのに

下ネタじゃなくて(T-T)


きっと今、

変態の扉をノックしているにちがいない



※ 写真は渡辺一哉サン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。