あぁルナ稽古場日誌!

出演者による稽古場日誌!ゲストの方も執筆しますよ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
06-04-06.jpg

ウワーイ、ゴンチチで~す。
いやー、音楽活動は大変だよ。
こんな時は面白い舞台でも見てストレス発散したいよ。
そんな時はカウンタックーズだよ!!
たまたま、知り合いなんだけど、ちょうど良いときに舞台をやるらしいよ。
それも西遊記をやるんだってさ。
こいつは見に行かなきゃ☆
もしかしたら劇場で会えるかもね!
スポンサーサイト
06-04-05.jpg

食べ物の好みは人それぞれ。
皆さんは「好物は?」と聞かれたら何と答えますか?

僕はナポリタン,ピザ(本格的なパリパリピザではなく分厚いヤツ),ハンバーグ,コーラ,おでんの竹輪,お寿司のタコ....
よく言われます“ショボイ食い物ばっかし”って。

寿司屋(回転)屈辱的な対応に出合ったコトもあります。
板前が威勢よく「流れてないモノございましたら、お声がけくださ~い!」
僕が一声「タコ~」...
さっきまでの威勢のよさなど吹き飛んだような板前の言葉...「あ゛ぁ~?タコォ~?」
ダメなの?
タコ頼んじゃ?
だってマグロって、あんまり好きじゃないし...タコ流れてないし...。


人それぞれ“好物”がありますが...僕も驚く回答に出合いました。

「好きなたべものは?」
『ピーマン』

......素材じゃんソレ。
間違いじゃないけど...素材じゃん。


と、軽くショックを受けた僕だけど、西遊記の稽古は佳境を迎え“血沸き肉踊る”舞台を皆さんにお届けする為に準備は万全!
お楽しみにね!

あ!も~一個好きなモノあった!
ハムカツ~!

ハムカツ...。

美味しいよ...ハムカツ...。

06-04-04.jpg

ニンニンニンニン、忍者(NC赤英)でござる。
おい、コラ!ジャズとか聴きながら、マッタリしてるOLども。
もう一度言うぞ!
ジャズもいいけど、カウンタックーズもいいぞ、コラ!
観に来ないと、拙者の盟友・熊殺しウィリーの背骨折りが待ってるでござるよ。
もちろん拙者の忍法ウンコ投げも炸裂ですぞ!ニンニン!
(チケット完売にならないと、次回の日誌も同じ内容の可能性アリでござるYO!)
(完売間近らしいから、早めに予約しようね!)
06-04-03.jpg

しかし稽古が順調だ。今週いっぱいかけてネタを研ぎ澄まさなければ。

あ、別に短編じゃないよ。チャンと長編冒険浪漫活劇だからご安心を。

テンコ盛りになってるから、ギャグの精度をあげないとって意味。

こういう「カウンタックーズの西遊記」みたいな芝居をアチャラカ芝居って言うんだよ。

由利徹とか三木のり平が得意にしてた芝居。

いわゆる「喜劇役者」が演じていたハチャメチャなお芝居。

いま、自分達も含めて本当に「喜劇役者」が少なくなったと思う。

希望も含めて、俺は喜劇役者で居たいなぁ。

「コメディアン」でも「役者」でもない「喜劇役者」って、なんかカッコいいじゃん!

そんな、先達たちの背中を見つめて「カウンタックーズの西遊記」

いよいよ今週末、封切です!乞うご期待!!

06-04-02.jpg

今日もカウンタックーズの稽古が行われる。
本番まであと1週間を切っているので、皆必死に作り上げようとしている。

かくいう私も、本番へ向けてかなり熱が入っている。
稽古場へと向かう気持ちも高揚し、足取りも軽い。
あまりにも気持ちが高まりすぎて、稽古場に早く着きすぎてしまったくらいだ。
我ながら子供っぽいと思う。
まるで、遠足を楽しみにして学校へ早く向かう小学生だ。
が、私は思う。大人になってこそ、こういった心が必要なのではないかと。

さて、稽古場で一人待っているのも淋しいので、街を散策する事にした。
今日は絶好の花見日和である。
いや、今日もと言うべきだろうか。
街には桜の花びらが舞い、それに併せるように人々の活気も高まっているようだ。
しかし、そんな気分に水を差すような事が起きた。
そう、雨が降ってきたのだ。まさに水を差すとはこのことだ。
傘を持っていなかった私は、雨宿りをするため、一件の店に入った。

その店はなんともにぎやかな所であった。
そして独特の雰囲気を持つ所でもあった。
ここに集う者は、雨も桜も関係ないのだ。ただ、自分たちの世界に集中し、志同じくする者達と切磋琢磨し己の腕を磨く。そんな場所であった。
それは、私たち演劇をやる者と同じではないか?
舞台を成功させるために、芝居を良くするために、休みも盆も正月もなく稽古に励む私たちと・・・。
そう気付いた私は、その場所に集う人々に興味を持ち始めた。
その人達と共に居る事で何かわかるのではないかと思い、その輪に加わる事にした。
そして私は、100円玉を取り出して筐体へと滑り込ませたのである。

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。